Call me by your name

毎日空が高く青々とし、

入道雲のように緑に生い茂る葉と、

くっきりとコンクリートに浮かぶ葉の影、

少し流れてくる雲、

風を浴びながら走る自転車をみると

君の名前で僕を呼んで』を思い出してしまう初夏です

 

観たのは二ヶ月前くらいで、正直観終わったあとはうまく理解できなかったけど、とにかく人生で1番大切だった夏の宝物を覗いたような映画でした。

 

青と緑とピンク色の色彩が目に焼き付いて、本当にずっと綺麗な絵でした。もともとフランス映画調?な感じの映画は私はあんまり理解できなくて、観ている時はははてな??もすごかったんですけど、観終わった時はエリオと一緒に泣いてました

 

エンドロールはなく火を見ながらなくエリオに心がグラグラと動いてしまったんですね私は…映画で泣いたのって…いつぶり??

 

80年代ということもあって、電子機器がなく本を読みピアノを弾く…なんて高貴なんですかね…暇なら庭に出て寝て…水で遊ぶ

 

もう場面場面が忘れられなくて本当に私の心に残る映画だったんだなって最近感じて感想書いてます

 

エリオがオリヴァーを好きだと気づいた時、オリヴァーがエリオに近づきたいと感じた時、あの夏が終わっちゃう時どう感じたんですかね

 

もう一度味わいたいですあの痛いほど強い日差しも、月に照らされて夜風が少し入る夜も

 

この物語は正直難しいと思います。簡単ではないですよね!?きっと…だから原作を読みたいです。そしてもう一度映画館でみたいです

 

あと両親がどの辺りから理解していたのかこれもみたいですね

 

というかあの北イタリア行きたいですよね

ワンピースを着て帽子かぶり自転車乗って桃食べたいですよね

あとな卵をスプーンで割って食べたいですよね

 

私は基本的に夏の映画が好みなのかもしれないf:id:pink-rose18:20180712011707j:image